• ホーム
  • インフルエンザの感染経路は?潜伏期間は何日か

インフルエンザの感染経路は?潜伏期間は何日か

2020年07月08日

冬になると流行するインフルエンザですが、これはインフルエンザウイルスによる感染症です。
ウイルスには型があり、特にA型は毎年流行するほか爆発的な大流行があります。
症状としては、突然の発熱、38℃以上の熱、上気道炎症状、全身倦怠感などが挙げられます。
発熱前に関節に痛みを感じるのが特徴です。
感染経路としては、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。

飛沫感染
飛沫感染とは感染者の咳、くしゃみ、つばなどから空気中にウイルスが放出され、その空気を吸い込むことで感染するというものです。
接触感染
接触感染というのはインフルエンザと診断された人に触ってうつるものではなく、手についたウイルスが鼻や口の粘膜を介して感染します。
例えば、インフルエンザの人が咳のために、自分の手で口を押え咳をして、その手でドアノブをさわり、別の人がウイルスのついているのであろうドアノブをさわり、その手を洗わない状態で食べ物を食べてうつるというイメージです。
鼻をかんで鼻水の処理をしたあと手をよく洗わないケースでも起こりうるでしょう。

このような感染経路が考えられるため、患者だけでなく周りにいる人もマスクをするとか、鼻水など呼吸器分泌物に触れた場合は手をよく洗うといった対策が必要になります。

インフルエンザ潜伏期間中にできること

ウイルスが体の中に入っているものの症状がでない期間を潜伏期間といいます。
潜伏期間は2日~3日です。
これに対し感染期間とは周囲に感染させてしまう期間のことをいいます。
この感染期間は発症前24時間から発症後3日~5日です。
周囲にインフルエンザの人がいたかどうかが自分にとって潜伏期間中なのかどうかの判断基準の一つになります。
そのとき、マスクの着用、手指衛生の徹底などの予防対策がなされていたかが鍵となります。
厚生労働省のホームページでは不要な外出を避けるように紹介されています。
そのほかにも厚生労働省のホームページでは適度な湿度の保持も推奨しています。
空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下するからです。
理想の湿度は50%~60%です。
また症状が現れたら、すぐに医療機関を受診し、受診の際はインフルエンザが疑われることも話しましょう。
自分の周りにインフルエンザの人がいたら、十分疑われる要素となります。
待合室で他の方にうつさないためにも必要な一言です。
インフルエンザにはいくつかの治療薬がありますが、発症後どのくらい経っているかで効くかどうかが決まります。
そのためにも早めの受診が大切です。
インフルエンザへのマスク着用や手指衛生といった対策は自分を守るため、そして周囲も守るために大切なことなのです。

関連記事
鳥も感染するインフルエンザの治療薬リレンザ

風邪のような症状でとても有名なのが、インフルエンザです。インフルエンザは風邪ではなく、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。人がかかるインフルエンザにはいくつかの種類がありますが、治療をする薬として、リレンザがよく使われています。リレンザは吸入剤にあたりますので、体内に吸収される量がとて...

2020年05月23日
江東区で毎年流行するインフルエンザにはリレンザ

江東区であろうと日本のどこでも毎年乾燥する冬になればインフルエンザが流行します。毎年のことになりますので、多くの方が対策を講じてインフルエンザから身を守ろうとしています。しかしそれでもインフルエンザの侵入を防ぐことができないのが、この感染症の厄介なところです。毎年罹っているという人もいるでしょう。江...

2020年04月04日
インフル検査方法やリレンザと使用注意の空気乾燥機

インフルエンザは冬から春にかけて日本全国で流行しやすい病気ですが、インフルエンザの検査方法については日々進化しており、どんどん簡単になってきています。インフルエンザの検査方法は鼻の奥の粘膜を採取して検査キットにかけるタイプが一般的ですが、発症してすぐはインフルエンザウイルスの型が判明しないこともあり...

2020年02月18日
リレンザを病院以外で買う方法

インフルエンザを治療したり予防したりする為に使う薬であるリレンザですが、通常は病院に行って医師の診察を受けた上で処方してもらって手に入れるのが一般的です。しかし中には色々な事情から病院にはなかなか行けないという人も多いことでしょう。そのような人は何とかしてリレンザを病院以外で買うことは出来ないものか...

2019年09月10日
リレンザを使用する際にかかる料金に注意が必要

インフルエンザの治療薬としては、タミフルや、リレンザ等があります。リレンザは内服薬ではなく、吸入薬ですので、インフルエンザウイルスが喉や気管支などの粘膜で増殖した時に、直接気道に薬剤が届けられて、ウイルスのより一層の増殖を防ぐことが出来ます。ですので、インフルエンザの初期には非常に有効な薬となります...

2020年01月19日
インフルエンザ流行マップと予防方法としてのリレンザ服用

主なインフルエンザ対策としては、マスクの効果が挙げられます。しかし、マスクによるウイルスからの感染防御は、幾つかの条件を満たした上で成り立つものであることを理解しておく事が大切です。マスクの着用はウイルスが咳やくしゃみなどによって放出された際には、大変有効な手段とされます。インフルエンザの場合は、人...

2019年12月20日
インフル対策に加湿空気清浄機・ワクチン・リレンザで予防

日本では、インフルエンザが毎年流行しています。このインフルエンザを発症させないためには、ワクチンを接種することが有効とされています。インフルエンザは、インフルエンザウイルスを吸い込んで、鼻やのど、気管支などの粘膜にウイルスが付着して、引き起こされる感染症になります。このインフルエンザウイルスは、低温...

2019年11月19日
リレンザ・温度計・飛沫感染対策でインフルエンザ予防

毎年冬から春にかけて全国的に流行するのがインフルエンザです。日本では香港A型などA型とB型が流行する場合が多いです。流行は地域性があまりなく、温度の変化とともに感染が広がる傾向があります。自治体や学校、職場ではさまざまな予防方法が試されていますが、決定的な方法はなかなか出ていないようです。インフルエ...

2019年10月15日
リレンザの効果的な使い方

リレンザをインフルエンザにかかってしまった時に症状の緩和の為に使用しようとする人は非常に多いものであり、それが一番オーソドックスなリレンザの使用方法なのだとも言えます。しかしリレンザにはインフルエンザを治療するだけでなく、予防する効果もあるのです。むしろ予防目的の為に使った方が、効果的に使用できると...

2019年09月26日