お知らせ
最新の投稿
せきが出る女性

一般的に風邪やインフルエンザに関わらず、病気を治す為の治療薬を貰う際には、保険が適用になることが普通です。
しかしインフルエンザを治療することの出来る薬の一つとしてリレンザがありますが、このリレンザを予防目的で投与してもらう場合は保険を使うことが出来ませんので、全額自己負担となってしまうのです。
なぜならそもそもリレンザを予防目的で使う分にはまだまだ病気になっていないからです。
まだ病気になっていない人に処方する予防薬についてまで保険を適用するなど出来ないと、国は考えているわけなのです。
なのでリレンザを予防目的で処方してもらう人というのは、経済的に余裕がある人が多いのです。
普通の人は経済的にそれ程余裕がないことが当たり前ですので、インフルエンザを予防する為には予防接種を受けるだけで精一杯と感じているものなのです。
しかしそのような不景気の世の中にあっても、全額自己負担になってしまったとしても、リレンザをインフルエンザの予防の為に何としてでも手に入れたいと思っている人は沢山いるものです。
何故ならインフルエンザになってしまった場合は会社を長期で欠勤する必要が出て来る為、結局リレンザを全額自己負担で手に入れた場合よりも、大きな損失になってしまうからです。
そこまで考えている賢い頭の良い人こそが、リレンザを処方してもらって使用してインフルエンザを予防しているのです。
もちろん予防接種だけを受けた場合でも、基本的には十分なインフルエンザ予防効果を期待出来ると言われています。
なので全額自己負担を覚悟しても何としてでもリレンザを手に入れなければいけないと気負う必要は全然なく、自分に出来る範囲の予防をしていけば良いのです。